fujiv

組織:ボーイスカウト 担当:兵庫連盟尼崎第7団記録担当 名前:藤原 連絡:cub7777@fujiv.com

11月 092018
 

2018年11月04日(日) 伊丹スカイランドHARADA

46周年記念団ハイクでは6個混成班の班長をベンチャーと担当。最終目的地まで読図をしながら先導していきました。途中のスカイランド原田では歩測、スカイパークでは手旗と11日の尼カップに備えて事前訓練をしました。(K3)

 
 
 

 投稿: on 2018年11月09日 6:00 AM
11月 072018
 

2018年11月04日(日) 伊丹スカイランドHARADA

尼崎第7団67回目の団結成記念日です。記念団ハイクでの集合写真です。

 投稿: on 2018年11月07日 6:00 AM
11月 062018
 

2018年11月04日(日) 伊丹スカイランドHARADA

団ハイクにうってつけのよい天気です。カブは少し早く集合し、くまスカウトはボーイと一緒に地図上でポイントを知る方法を学習。今回はボーイ、ベンチャーで班長をまかなえる人数でしたのでカブから班長は出ませんでしたが、これからに向けてひとつ勉強しました。12キロという長距離でしたが、全員バテることなく完歩。普段と違うメンバーで歩き、ビーバーと手をつないで面倒を見ながら歩いてくれるカブの姿もありました。カブだけならもっと歩けるかな⁉︎(M34)

 
 
 

 投稿: on 2018年11月06日 6:00 AM
11月 012018
 

スカウトと、デンリーダーと、リーダーと、そして保護者の方と歌い、Nパパに録音、編集いただいた歌がCDになりました! 歌の腕前はどうか?わかりませんが、みんなで歌った声はしっかりとこのCDに入っています。今のカブ隊が形になったものなので、ある意味『名刺がわり』かも? 尼7カブにお越しの際はぜひ1枚もらって行ってください。(M34)

 

 投稿: on 2018年11月01日 6:00 AM
10月 312018
 

2018年10月21日(日)荒地山

秋晴れの中、ボーイ隊は久しぶりのハイクです。参加者はスカウト4名、指導者3名。行き先は風吹岩より荒地山へ。なんなく高座の滝に到着後、ロックガーデン中央綾尾根の西にある地獄谷へ。セレモニー後、靴ひもを締め直し、軍手をはめて、指導者に三点支持を教えてもらいながら滝や巨岩をいくつも越えていきます。スカウト達は怖いのか口数も少なく必死。ショーベン滝から万物相への道をロストし、中央綾にでてしまいますが結果オーライ。予定通りの時間に混雑している風吹岩に到着しました。水の多い横池にて昼食後、荒地山へ。頂上(549m)に到着後休憩もそこそこに、わかりにくい道を巨岩の合間をぬって一気に下ります。まず、縄梯子にびびり、やっと下りたと思ったら「七衛門ぐら」の穴くぐりを体験。リュックを背負ったままでは通れない穴を通過します。そして「岩梯子」。狭い段状の岩を下りるのですがほぼ垂直なので足元が見えず、下りは特に危険です。怖さで一時動けなくなってしまうスカウトも! 岩梯子の上と下で隊長・副長の怒号がとびます。なんとかクリアし、朝セレモニーをした地獄谷入口に全員無事到着。けが人が出なかったことに指導者たちは一安心です。もはやハイキングではなく、ロッククライミングの1日となりました。(ひらマー)

 
 
 

 投稿: on 2018年10月31日 6:00 AM