12月 242012
 

2012年12月24日(月・休)小田地区会館

前日のハンドインハンドに続いての隊集会です。三連休でクリスマスイブ、かなり低気温の中、続々と小田地区会館に集まります。その数、ざっと60名。ただし、歌って騒いでという集会にはなりません。午前中は、保護者を含めて7チームに分けご近所ビンゴハイクに行きました。昨年よりは数を少なくしましたが、中々難しく、1時間のタイムリミットで最高6ビンゴ、最低2ビンゴという結果になりました。さぁ、待望のお昼ごはんは、シェフたちの渾身料理パスタ、ポテト、チキン、リンゴ、それにハンドインハンドの時にもらったミカンという豪華版。お代わり自由でみんなでたっぷり頂きました。そのあとお話、ゲームをし、いよいよキャンディ交換。みんなが持ち寄ったキャンディをそれぞれ袋に入れ、いっぱいにふくらんだおみやげキャンディを持ち帰りました。人数もギャングを含め24人と最盛時に迫る勢い。残り三ヶ月、がんばりまーす。(K3)

2012-12-24-1bv 2012-12-24-2bv

 投稿: on 2012年12月24日 9:00 AM
12月 232012
 

2012年12月23日(日)宮前公園

気温がかなり低い中、ユニセフ募金ハンドインハンドが行われました。スカウト・リーダー・団委員・保護者あわせて80名が集まり、開会セレモニーの後JR尼崎駅、杭瀬商店街、阪神杭瀬駅に分かれて募金活動を行いました。天皇誕生日が重なり三連休のド真ん中ということもあり、人手はいまひとつ低調でしたが、みんなの大きな声で呼びかけで89,863円が集まりました。御苦労さまでした。(K3)
(※ユニセフへの振り込みで銀行での集計は91,474円でした)

2012-12-23-1bv 2012-12-23-2bv

 投稿: on 2012年12月23日 12:30 PM
12月 132012
 

合同発表会に備えて、今年のテーマ「プランハヤブサ」に因んだソングを練習し、キャンプのテーマに沿ったソング「谷間のキャンプ」とスタンツ「10種野営料理の歌」を事前集会で練習してたのに、ソング指揮者とスタンツの俳優2名が前日欠席連絡。期末考査前なので無理も言えず、結局小田地区会館の最終練習にかけたのです。結果は?声が小さかったのでとても優勝は無理だと思っていましたが、なんとなんとカブ隊1組と同点優勝。何回も練習し、演出用の高い高い炎照明まで新規購入(副長の自腹)したのですから、絶対優勝すると誓っていたのです。ビーバーやカブの前で、しっかり活動している頼もしい兄ちゃん姉ちゃんに見え、あんな風になるんだと一人でも思ってくれたら大成功ですね。(K3)

2012-12-09-1bs 2012-12-09-2bs

 投稿: on 2012年12月13日 6:00 AM
12月 102012
 

2012年12月09日(日)小田地区会館&小田公民館

待ちに待った発表会の日がやってきました。この冬一番の寒い朝でしたが、みんな最初の練習場所の小田地区会館に続々と集まってきました。午前中はそれぞれの隊で練習ということで、三つに分かれて最後の仕上げにかかります。といってもビーバー隊はこの日のディレクターであるN副長の欠席で二つのソングのうちメインを急きょ差し替え。一生懸命練習しました。保護者も何人集まるかわからない状態でしたが、堂々11人のコーラス隊を編成し、たっぷり二時間長〜い歌を練習しました。昼食後、小田公民館に移動し、新たにそれぞれの家族や友達を招待しての発表会の幕開けです。さぁ、その結果は?(K3)

 

 投稿: on 2012年12月10日 6:00 AM
12月 092012
 

2012年12月09日(日)小田地区会館&小田公民館

今日はビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊合同の発表会です。カブ隊は夏のキャンプファイヤーで演じたものをブラッシュアップ、ボーイ隊は新作オリジナルスタンツです。当初は飲食を交えたクリスマス会形式の発表会の予定でしたが、残念ながら大ホールの抽選に外れ、午前中は小田地区会館の3部屋で各隊活動、午後から小田公民館の大ホールに移動しての発表会です。各隊発表会の練習やカブ隊はビーバースカウトにプレゼントするクリスマスカード作りなど、どの隊も大忙し。お昼には女性リーダーの作ったお味噌汁を頂いた後、 手がかじかむほどの寒さの中、各隊ごとに小田公民館に移動します。
予定より少し早く会場設置も終わり、15分早く発表会の開幕です。まずはビーバー隊が振り付きソング、カブ隊副長がマジック、そしてビーバー保護者の長〜いソングの熱唱と続きます。それぞれの演目に対して、カッパなどの着ぐるみを着た3人の審査委員が5点満点で審査していきます。演目の合間になぞなぞサンタがトナカイと共に登場し、なぞなぞの答えを回答者にプレゼントしてくれます。そして、いよいよ前評判が高かったカブ隊のスタンツです。声もはっきり出ていて、マイクを使わなくてもホール中に台詞が届きます。ふた組とも前評判通りの楽しいスタンツで審査も高得点です。スカウトたちのスタンツの間に演奏されたカブ隊男性リーダーの楽器演奏もそれなりによかったですよ。次はボーイ隊のスタンツ、練習のときより緊張したのか声も少し小さいように思いましたが、さすがボーイ、笑いのつぼも押さえて見せてくれます。トリはデンリーダーによる「アルゴリズム体操」と「あたりまえ体操」。衣裳も華やかに、会場の雰囲気も盛り上がり、全ての演目も終了です。そして、最高得点14点を得た1組『浦島スギちゃん』、ボーイ隊『キャンプハヤブサ』にブートン王国のブタメダルが授与されました。

 
 

 投稿: on 2012年12月09日 9:00 AM