12月 062022
 

2022年12月04日(日)ユース交流センター

カブ隊は秋に地区行事・県行事が目白押しですが、その最後を飾るのが今日の尼崎地区月の輪集会です。都市交歓は全員出席でしたが、7団スカウトは2名欠席でスカウト5名、デンコーチ2名で参戦、そしてコーナー運営でベンチャー・ローバースカウトも1名ずつ来てくれました。再び集まった5組で、午前中は組集会。手旗・スカウト章・計測・テント立て・ロープと、都市交歓や県カブラリーでやった内容も多いので皆慣れたものです。そして午後の隊集会、ちょっと早くについてしまったサンタさんを助けるためにくまスカウトに協力を仰ぎます。そりを引くトナカイも登場しました。協力のお礼として、最後にはサンタさんからのプレゼントがもらえました。今回の優秀組には、3組が輝きました。ケアレスミスがなければ他の組が優秀組だったかも…な接戦でした。カブスカウトも残り4か月となり、みんな入隊時より顔つきも変わってきました。少し大人になったみんながボーイ隊に上がって楽しく活動する姿が楽しみになりました。(M34)

 
 
 

 投稿: on 2022年12月06日 6:00 AM
11月 212022
 

2022年11月19日(土)〜20日(日)名古屋・千種地区

3年ぶりの、宿泊をともなう都市交歓‼︎ 7団からはスカウト7人、デンコーチ2名、指導者1名の10名での参加です。地区としても1名の欠席も出さずに出発。2時間半バスに揺られ、宿泊場所の五色園に到着。早速合同組を編成、親睦ドッチビー大会。お昼ご飯の時はよそよそしかったスカウト等も、ドッヂビーを通して仲良くなっていました。夜はキャンプファイヤーを楽しみ、1日お世話になった千種地区の皆さんを送り出して眠りにつきました。2日目は雨が心配されましたが、なんとポイントラリー開始時にはぴたりと止んでくれました。広い広い緑地の中をポイントラリー。ポイントラリー後にはそこかしこで楽しそうに遊ぶ声が聞こえておりました。名残惜しくなる中、今度は千種地区に見送られて尼崎のバスが出発。出発前には天気を始め心配が尽きない都市交歓でしたが、終わってみれば、思い出たくさん、心に残る都市交歓でした。千種地区の皆さん本当にありがとうございました。(M34)

 
 
 

 投稿: on 2022年11月21日 6:00 AM
11月 152022
 

2022年11月13日(日)姫路城

実は数年前から、尼崎地区のカブ部門行事では門戸厄神で『晴天祈願』をしており、そのおかげで毎回、天気に恵まれております。県のカブラリーまでは、網羅しておりませんでしたが、そのせいか、前後は快晴なのにカブラリー当日のみ、雨…。しかし、組集会での鍛錬を生かす時。めげずに遠路姫路まで向かいます。午前中は雨の中でのカブラリーでしたが、うまく屋根を見つけてお昼ごはんをたべられました。そうしてるうちに雨は止み、セレモニー会場に着く頃には晴れ間も見えてきました。130組を越す参加でのカブコールは圧巻です。7団は10位以内入賞ならずでしたが、尼崎地区の組が呼ばれたときは嬉しかったです。間髪入れずに来週は、名古屋・千種地区への都市交歓です!(M34)

 
 
 

 投稿: on 2022年11月15日 6:00 AM
11月 142022
 

2022年11月06日(日)小田南生涯学習プラザ・猪名川公園

一週後の県カブラリーに向けて準備をしました。その前に月の輪で集まり、ちかいやおきてを覚えました。約半年後にはくまスカウトはボーイ隊に上進するのでがんばってください。みんなが集まってきて、手旗とロープワークをしました。手旗は、りす、うさぎ、しか、くまを手旗でうっているのを当てたり、実際に自分たちで手旗をしてみたりしました。ロープワークは、2本のロープの中に7種類の結び方をする練習などをしていました。本番はみんなで協力してがんばってほしいです。午後からは自転車に乗って猪名川公園へ移動しました。ここでは、歩幅を使った計測や落ち葉、木の枝などを使ってスケッチをしました。計測では、1組も2組も誤差が少なくしっかり計測することができていました。スケッチは、題材の特徴をそれぞれに捉えることができていていました。今日は県のカブラリーに向けて手旗、ロープワーク、計測、スケッチをしました。盛り沢山な内容でしたが、秋の寒い日でも子どもたちは元気に走り回り遊んでいる様子が見られました。今日の成果を1週間後に存分に発揮してほしいです。(ミッキーの手)

 投稿: on 2022年11月14日 6:00 AM
10月 272022
 

2022年10月23日(日)園和小学校

今年は17団担当ということで、園和小学校での開催。カブ隊は自転車で小田南生涯学習プラザから駆け付けました。7団のカブ隊からは、3人が精励章を受章しました。名前を呼ばれた時も大きな声で堂々と返事をし、とても格好良いくまの3人の姿を見ることができました。午後は、カブ部門でのポイントラリー、テーマは『通信』。組ごとに4つの公園での課題に取り組みます。隊長は地区役員として遠くから見守っていましたが、なんと! 7団2組が優勝! しかも今回は26団1組・13団1組と同率優勝というミラクルです。先日の組集会の時はなんとなくネガティブな声も聞こえていましたが、やっぱり優勝はうれしかったようで、7団から歓声が上がっておりました。この調子で県カブラリーも頑張るぞ!(M34)

 
 
 

 投稿: on 2022年10月27日 6:00 AM