8月 222018
 

2018年08月19日(日)〜20日(日)加古川市立少年自然の家

8月19〜20日、加古川舎営を行いました。朝は10時集合というゆっくりで、JR加古川駅でもバス乗車まで1時間半待ちというのんびりで早めの昼食。そして1時、加古川少年自然の家に入所。初めての使用なので、新しいプログラムをいろいろ体験しました。日曜の午後からということで、独占状態。早速フィールドアスレチックで汗を流し、はだしの里で草の上を走り回り、おふろに入ると、もう夕食。今までにないボリュームたっぷりの加古川名物かつめし。お腹いっぱいになると、天体観測で大きな望遠鏡で、金星、木星、お月様を見、土星の輪のくっきりさに歓声を上げました。二日目も持参のにんじんでポニーのえさやりをして、牛乳パック工作。昼食はラーメンと鶏の唐揚げでまたまたお腹いっぱいになり、自然の家を退所。そしてその隣にあるウエルネスセンターのジャブジャブ池で工作で作った船で遊びました。今回の舎営は時間的に少しタイトでしたが、施設、職員さん、食事内容等すべてがAランクに思われるような心地よい舎営でした。(K3)

 
 
 

 投稿: on 2018年08月22日 6:00 AM
8月 202018
 

2018年08月19日(日)大物公園

キャンプが7月に終わったため、8月の隊集会、午前中はカブの夏まつり。ブーメランを自作し、他6つのコーナーで射的やほうきサッカー、たこせん、チューペットなど、約1時間でしたが楽しみました。午後は組集会で、計測に挑戦。隊長の身長も測りましたが、およそ3㎝以内の誤差におさめてくる組もいる中200cm越えの組も? あれ、どんな計算? そんなに大きくはありません~。3つのものを計測し、ほぼ正解だった2組を優秀組に。活動終了後、9月に実施のBS初級&くまキャンプをするため顔合わせ。4月に上進したばかりですが、ジャンボリーを乗り越えてきた初級スカウトたちは頼もしく見えました。(M34)

 
 
 

 投稿: on 2018年08月20日 6:00 AM
8月 072018
 

2018年08月05日(日)小田地区会館

年に数回しかない貴重な室内隊集会です。特に今年の酷暑の時はほんと天国です。前回水鉄砲ハイクで出来なかった、カナト君の入隊式も無事終え、さて今日は、舎営のしおりを配布してその説明です。今回は初めて利用する加古川青少年自然に家ですので、どんな風な展開になるかわくわくどきどきです。新しいTシャツもできあがり、集合時にはみんなそろって着用してきます。スカウト、ギャング、OB、パパ・ママ、兄弟、リーダー合計39名が参加の舎営、暑い夏を乗り切るぞ!!(K3)

 
 
 

 投稿: on 2018年08月07日 6:00 AM
7月 312018
 

2018年07月27日(金)〜29日(日)彦根市立荒神山自然の家

カブ隊の夏舎営は、例年よりちょっと早く7月に行われました。前回台風の影響を受けた荒神山へ、3年ぶりにリベンジ! あれ? また台風?? 2日目のメイン、リバーボートができることを祈って出発。
1日目のチャレンジはまず、飯盒炊爨。カレー、うまくできたね。ご飯はベンチャースカウトにも手伝ってもらい、今回も上出来。夜の星座観察は、雲が多くてちょっと残念。
2日目は、同時に宿泊する茨木一団さんとの合同朝礼から始まりました。リバーボートもご一緒に…の予定が、天気が悪く無念の中止…。それを晴らすかのように、スカウトたちはクラフトで個性を発揮しまくり、持って帰るの大変〜という大きさの作品が多数誕生しました。宿題一個、減ったかもね。昼からは、副団委員長とベンチャーに教えてもらってテントの設営にチャレンジ。変わった形だったからちょっと難しかったね。夜も、キャンドルファイヤーになってしまったけれど、スタンツはすごく良かったです。
最終日も雨が降ったりやんだりを繰り返し、帰り道もカッパを着たらピタッと止むという意地悪な空模様。荒神山には、何かあると思わざるを得ない3日間でした。でも、スカウトたちは毎年のごとく、この三日間一生懸命すごし、それぞれ大きく成長しました。色々あったけどこのメンバーで、できてよかった。何よりデンリーダーさん、ありがとう、お疲れ様でした。(M34)

 
 
 

 投稿: on 2018年07月31日 6:00 AM
7月 272018
 

2018年07月22日(日)摂津峡

第17NSJが迫ってくる中、ボーイ隊の水泳訓練が摂津峡で行われました。今回はシュノーケリングと救難訓練です。先般の大雨で水量は申し分ありません。冷たい山水で訓練を楽しみながら一時の涼を味わいました。(K3)

 
 
 

 投稿: on 2018年07月27日 6:00 AM