10月 312018
 

2018年10月21日(日)荒地山

秋晴れの中、ボーイ隊は久しぶりのハイクです。参加者はスカウト4名、指導者3名。行き先は風吹岩より荒地山へ。なんなく高座の滝に到着後、ロックガーデン中央綾尾根の西にある地獄谷へ。セレモニー後、靴ひもを締め直し、軍手をはめて、指導者に三点支持を教えてもらいながら滝や巨岩をいくつも越えていきます。スカウト達は怖いのか口数も少なく必死。ショーベン滝から万物相への道をロストし、中央綾にでてしまいますが結果オーライ。予定通りの時間に混雑している風吹岩に到着しました。水の多い横池にて昼食後、荒地山へ。頂上(549m)に到着後休憩もそこそこに、わかりにくい道を巨岩の合間をぬって一気に下ります。まず、縄梯子にびびり、やっと下りたと思ったら「七衛門ぐら」の穴くぐりを体験。リュックを背負ったままでは通れない穴を通過します。そして「岩梯子」。狭い段状の岩を下りるのですがほぼ垂直なので足元が見えず、下りは特に危険です。怖さで一時動けなくなってしまうスカウトも! 岩梯子の上と下で隊長・副長の怒号がとびます。なんとかクリアし、朝セレモニーをした地獄谷入口に全員無事到着。けが人が出なかったことに指導者たちは一安心です。もはやハイキングではなく、ロッククライミングの1日となりました。(ヒラマー)

 
 
 

 投稿: on 2018年10月31日 6:00 AM