11月 012018
 

スカウトと、デンリーダーと、リーダーと、そして保護者の方と歌い、Nパパに録音、編集いただいた歌がCDになりました! 歌の腕前はどうか?わかりませんが、みんなで歌った声はしっかりとこのCDに入っています。今のカブ隊が形になったものなので、ある意味『名刺がわり』かも? 尼7カブにお越しの際はぜひ1枚もらって行ってください。(M34)

 

 投稿: on 2018年11月01日 6:00 AM
10月 312018
 

2018年10月21日(日)荒地山

秋晴れの中、ボーイ隊は久しぶりのハイクです。参加者はスカウト4名、指導者3名。行き先は風吹岩より荒地山へ。なんなく高座の滝に到着後、ロックガーデン中央綾尾根の西にある地獄谷へ。セレモニー後、靴ひもを締め直し、軍手をはめて、指導者に三点支持を教えてもらいながら滝や巨岩をいくつも越えていきます。スカウト達は怖いのか口数も少なく必死。ショーベン滝から万物相への道をロストし、中央綾にでてしまいますが結果オーライ。予定通りの時間に混雑している風吹岩に到着しました。水の多い横池にて昼食後、荒地山へ。頂上(549m)に到着後休憩もそこそこに、わかりにくい道を巨岩の合間をぬって一気に下ります。まず、縄梯子にびびり、やっと下りたと思ったら「七衛門ぐら」の穴くぐりを体験。リュックを背負ったままでは通れない穴を通過します。そして「岩梯子」。狭い段状の岩を下りるのですがほぼ垂直なので足元が見えず、下りは特に危険です。怖さで一時動けなくなってしまうスカウトも! 岩梯子の上と下で隊長・副長の怒号がとびます。なんとかクリアし、朝セレモニーをした地獄谷入口に全員無事到着。けが人が出なかったことに指導者たちは一安心です。もはやハイキングではなく、ロッククライミングの1日となりました。(ヒラマー)

 
 
 

 投稿: on 2018年10月31日 6:00 AM
10月 302018
 

2018年10月28日(日)稲川公園

ビーバーとの合同運動会を行いました。いい天気に恵まれ、カブは紅白各チームのキャプテンを務めました。昨年度は3月だったので半年ぶりの開催で、熱い闘いとなりました。結果は紅組の勝利。ビーバー作の豚汁もいただき、午後はチャレンジ章取得のための隊集会。今年度も後半となり、クリア章チャレンジ章もどんどん取っていこうね。(M34)

 
 
 

 投稿: on 2018年10月30日 6:00 AM
10月 292018
 

2018年10月28日(日)稲川公園

秋らしい絶好の運動会日和になりました。稲川公園でビーバー、カブ合同でスカウト、リーダー、保護者OB、70名が集まってミニ運動会を実施しました。大阪弁のラジオ体操に始まって、紅白に分かれての各種の熱戦を繰り広げ、150対95で紅組チームの優勝。光り輝ける真紅の優勝旗が主将に手渡されました。終了後、大物公園に帰り豚汁で昼食、これも完食。ここからは本来の隊集会。ビーバーは出来なかったゲームをパパママと一緒に行い楽しみました。おやつは前回拾った椎の実の煎ったのと柿、まさに秋の恵みを味わいました。(K3)

 
 
 

 投稿: on 2018年10月29日 6:00 AM
10月 232018
 

2018年10月20日(土)〜21日(日)国立淡路青少年交流の家

第36回都市交歓は、淡路島へ。7団からはスカウト4名、団長、実行委員長、隊長の7名で参加。今回はスカウトへは立ち寄る場所はあえて明かさず、擬音だけで想像を膨らませて出発しました。まずは『ブルブル』淡路SAではトイレ休憩とあわせて淡路海峡大橋を支える大きな『ケーブル』も見学。次は『フーハー』吹き戻しの里で、1人6本もの吹き戻し作り体験ができました。この後、バスでずっと鳴り続けることになります。静の里公園で昼食の後、『ギューギュー』淡路島牧場で乳しぼり体験。牛乳も少しいただきましたが甘くて美味しかったです。施設に到着し、夜は海辺でキャンプファイヤー! 翌日は、淡路地区のスカウトも参加して交流会を行いました。昼食には頂いたわかめや玉ねぎを使った味噌汁を食べ、淡路島を堪能した2日間となりました。何より天気が良く、プログラムも十二分に楽しめました。(M34)

 
 
 

 投稿: on 2018年10月23日 6:00 AM